生産性を上げて5時に帰る。

民間→小学校教員 毎日5時に職員室をさる。その実現のための『生産性の高い教師の働き方』を中心に呟きます。最小の労力で最大の成果を生み出す。目指すは ビジネスと教育の融合。

#68 人を動かす4つのフレーム

f:id:saruteacher:20180802212100j:image

 

人を動かすのって、難しいですよね。

 

実は、情報の受け手に響く言葉にはタネがあるのです。

アメリカの超有名なビジネスマンであるセスゴーディン氏の「出し抜く力」という本で、人を動かす4つのフレームが明らかにされています。

f:id:saruteacher:20180802212210j:image

 

①権威フレーム

〜〜によると、というように、その事柄に関する権威の意見を借りて、発信するフレーム。

 

Twitter界隈で言うと、「落合陽一氏によると・・・」と呟くと…

 

 

ほら、僕の意見を1mmも書いてないのにイイねがいっぱいついていますよね。

 

でも、これが「高田純次氏によると・・・」

f:id:saruteacher:20180802213156j:image

 

となると、多分こうはならなかったはずです。

(いや、逆になったかもしれない)

 

 

②分析フレーム

〜〜という統計から、という客観的な分析を根拠に発信するフレーム。

 

睡眠時間をたっぷりとったバスケ選手はシュート成功率が上がるらしいのです。

 

いや、正確に言うと、睡眠不足が解消されたことにより、本来のシュート成功率に戻ったのです。

 

f:id:saruteacher:20180802211253j:image

 

これはすなわち、睡眠不足が続いている人は、知らず知らずのうちに自らのスペックを引き下げていることの表れなのです。

 

これを聞いて

「おぉ!マジか!ちゃんと寝なアカンな!」

となれば、このフレームが効いた証です。

 

この本は睡眠についての知識を圧倒的に増やしてくれるのでオススメです。

 

 

③共感フレーム

自分も昔はそうでした、○○さんの気持ちよく分かりますという、共感から発信するフレーム。

 

正直、学校現場ではこれが絶大な効果を発揮すると感じています。

 

僕はかなりダメな子だった(今も?)ので、出来ない子の気持ちに寄り添える自負は、多少あります。

 

「先生も子どもの頃そうやったし、よう分かるわー」という切り出し方をすれば、子どもとの距離はグッと縮まります。

 

机の中クシャクシャでも、体操服3回連続忘れても、明日は宿題やってきますという約束を一週間破り続けても、全部分かります。

 

正論ほど役に立たないものないのです。

 

寄り添おう、共感しよう。

f:id:saruteacher:20180802213241j:image

 

④物語フレーム

自分が描いた物語を見せて、発信するフレーム。

 

これは、昨日のTwitterのTLでもたくさん流れていた、キンコン西野亮廣氏が仕掛けたサーカスが好例だと思います。

f:id:saruteacher:20180802210917j:image

「勉強は楽しい時ほど勉強効率が上がるのだから、『学校』こそ極限までショーアップすべきだ」

こんなビジョンをフォロワーと共有し、実現している訳です。

 

これは西野氏が描いた物語が、多くの人を動かしたのです。

 

 

 

ライザップ氏も参戦した模様。

 

学校でも同じことが当てはまると思います。

 

一年で、どんな物語を描きたいのか。

 

それを子どもたちに伝えることで、子どもは動くようになるのではないでしょうか。

 

 

権威フレーム

分析フレーム

共感フレーム

物語フレーム

 

4つのフレーム、お試しあれ。