生産性を上げて5時に帰る。

民間→小学校教員 毎日5時に職員室をさる。その実現のための『生産性の高い教師の働き方』を中心に呟きます。最小の労力で最大の成果を生み出す。目指すは ビジネスと教育の融合。

#66 そうだ、生産性を上げよう

最近ちょっと方向性が変わっていたので、一旦生産性の話に戻します。

f:id:saruteacher:20180728081356j:image

1学期は準備期間が短いまま突入することも有り、苦しくなりがちです。 

 

この夏休みを使って、自分の周囲の環境をデザインし直し、生産性を上げていきませんか?

 

仕組みを変えれば、効率化が進みます。

すると、時間を生み出せます。

そしてその時間を子どもに還したり、自分のことに使えたりしてきます。

 

これが、教育の生産性改革の基本となる考えです。

 

❶モノで生産性を上げる

☑︎コクヨのモバコ

これ結構イノベーションでした。

職場の中での移動に特化したものです。

教室へ持っていったらそのまま引き出しにスポッと入ります。

 

☑︎クリアファイル

2穴パンチでファイリングすることって多いと思いますが、その手間が無駄です。

ちょっと高めのやつを揃えるとかなり楽になります。

 

また、こうやってインデックスを貼っておくのはマストです。

f:id:saruteacher:20180728072615j:image

アクティブというところを作るのがポイントです。近日中に必要になったり、提出するものは一旦ココへ。

 

☑︎印鑑ホルダー

これマスト中のマストです。

 

 

❷デスクの生産性を上げる

☑︎色別収納

 

教師の机の中って、何かと色んなモノが多くなりがちです。僕も昔は人に見られるのが恥ずかしいレベルでした。

色別収納は、意識高い系主婦層にも人気なんです。

 

☑︎無駄に質の高いスマホの箱

まあこれはジョブズのコダワリの産物なのですが、iPhoneの箱ってメチャメチャ質感が良いんです。

何か使えないかなぁと試してみたら、4つ横並びでジャストフィット♩サイズ感もバッチリなんです。

 

☑︎要らない紙の処理システム

職員室に帰って来て、机の上に置いてある紙。

9割はゴミです。足元に溶解用と古紙用のカゴが有ればノンステップで処理できます。

 

❸パソコンの生産性を上げる

☑︎デスクトップ

ここがグチャグチャだと、お目当てのモノを探すという無駄が確実に発生します。

 

 

☑︎辞書登録

学校現場は、独特の用語が多いですよね。

いちいち打ち込んでいては時間の無駄。

ショートカットで一発で登録できるので、やっときましょう。

 

❹教室の生産性を上げる

☑︎作品掲示

これやってる学校も多いみたいです。

 

☑︎紙の仕組み

 紙の流れを整えることが一番です。

 

 

この中身をもう少し詳しく。

 

ジャンルごとにクラフトシールを貼ってエリア分けします。

f:id:saruteacher:20180728074048j:image

 

また、音読カードやらなんやらをストックするための、A4のファイルボックスも置いてます。

f:id:saruteacher:20180728074108j:image

同じく、インデックスを貼るのですが、ここでもアクティブの引き出しを作っておきます。

f:id:saruteacher:20180728074112j:image

ここに、期間限定系の紙類を入れてます。これがあることで住所不定の紙を落ち着かせることができます。期間が過ぎたらポイーッでオッケー。

 

また、配って余った紙類は給食台の中の段ボール箱にこれまたダイレクトシュート。配り係さんがオートで入れてくれます。

f:id:saruteacher:20180728074144j:image

 

☑︎黒板へのマス目入れ

これは絶対やるべきです。

字を書くにも作図するにも表を書くにも、圧倒的に早く正確になります。

 

 

多分他にもありますが、とりあえず今までのTwitterを振り返ってまとめてみました。

 

ぜひ夏休みにやってみてください♩