生産性を上げて5時に帰る。

民間→小学校教員 毎日5時に職員室をさる。その実現のための『生産性の高い教師の働き方』を中心に呟きます。最小の労力で最大の成果を生み出す。目指すは ビジネスと教育の融合。

#46 オセロの角を抑えろ!

f:id:saruteacher:20180414032055j:image

 

題名は、西野亮廣氏のベストセラー『革命のファンファーレ』に有った、パンチの効いたフレーズから拝借しました。

『オセロの角を抑えておけば、後は何とでもひっくり返せる』

 

パレートの法則

これは今までに何回も触れている話ですが、『2割のイレギュラーが8割の仕事を生んでいる』ということを、常々主張しています。

f:id:saruteacher:20180414022353j:image

だから、イレギュラーを起こさないことが、仕事量を抑制するための最善策であると考えています。

最大のイレギュラーとは何なのか。それは学級崩壊です。どれだけ名のある先生でも、毎年その恐怖と対峙しているというお話がTwitterでも見受けられました。

特に新任の先生にとっては、最大の脅威であるはずです。

では、過去の自分の失敗も含めて、学級崩壊を起こさないためのポイントをオセロに例えて、お話したいと思います。

 

オセロの角とは?

オセロで勝利するための最も有名なセオリーは、角を抑えることです。

角さえ押さえておけば、あとでひっくり返すことが出来るので、目先の結果に一喜一憂することから解放されます。

では、学級経営における、4つの角とは何でしょう?

 

①授業

子どもが1日の中で、圧倒的に長い時間を過ごすのが授業です。これが魅力的なコンテンツで無ければ、クラスは荒れます。

僕だって、毎日研修で6時間座らされて、面白くない話を延々と聞かされたら暴れたくなります。

子どもも同じです。本質的にも、そして表面的にも面白い授業をすることって大切だと思います。

 

❷コミュニケーション

子どもとのコミュニケーションは本当に大切。この場合のコミュニケーションとは、指導も含みます。以前の記事で太陽戦略とか、ケオディクパス教師とか、トキ兄さんといったキーワードでお伝えしていますが、結局のところ、子どもから好かれることが一番なのではないでしょうか。

『私は嫌われ役に徹する』なんて言葉も聞きますが、それは古いです。

スポ魂が通用するイージーな時代は、とうの昔に過ぎ去っています。

小言ばっかりグチグチ言ってるようなコミュニケーションでは、クラスはキッチリ荒れへと向かいます。

楽しく、笑いのあるクラスへと持ってべきです。

この辺りはU- teacherさんのお家芸ですね。

 

③クラス環境

整理整頓という言葉は一義的過ぎるので、最近は5Sという言葉を好んで使います。

f:id:saruteacher:20180414024031p:image

クラスの物理的な荒れは、心理的な荒れを生みます。

でも、これをやらせようと躍起になるのは、それはそれでマイナスです。

 

ロッカーのランドセルがベローンとなってるのをベロリンガ

机の上が散らかってることをグッチャリーナ

机が歪んでることをガタリ

と、ちょっとネタ化しながらやってます。

「あ、ベロリンガーがいる!」

『あー◯◯やぁー』

 

指摘された子が『てへぺろ』となるような柔らかい空気でカイゼンさせていく雰囲気って大事だと最近感じます。

 

❹20%の余裕

これは定期的にリツイートして啓発しています。

教師の心身の余裕がないと、他の3つの角を抑えられなくなります。

良い授業を作れないし、ストレスからコミュニケーションの質も下がるでしょうし、クラスを綺麗にする時間も取れなくなるかもしれません。

全てに影響を及ぼす大切な角です。

だからこそ、生産性を上げて余裕を勝ち取っていかないといけないのです。

頑張らなくても良いように、頑張る。

力点を教育の生産性に置いて。

 

◯⚫️学級経営オセロ⚫️◯

オセロのようで、オセロでないのが学級経営。

何が違うかと言うと、いきなり角を取りに行けるということ。オセロは本来、終盤にしかそこへ辿り着くことが出来ませんが、学級経営の場合は初日から、いきなり角を取りに行けます。これは良い点です。

しかし、悪い点も。オセロでは、角を取ったら、それをひっくり返されることはありません。しかし、学級経営オセロの場合、一度取った角をひっくり返される可能性が有ります。

多くの場合、それは❹20%の余裕 に起因するのかもしれません。

 

断言することは出来ませんが、これらの❹つの角を抑え、それらを肩肘張らずに死守すれば学級はイヤでも安定するのではないでしょうか?

その意識を持てば、目先の小さな荒れに一喜一憂する必要も無くなります。

 

H30のゲームは、まだ始まったばかりです。

さあ、取れる角から抑えていきましょう。

f:id:saruteacher:20180414031335j:image