生産性を上げて5時に帰る。

民間→小学校教員 毎日5時に職員室をさる。その実現のための『生産性の高い教師の働き方』を中心に呟きます。最小の労力で最大の成果を生み出す。目指すは ビジネスと教育の融合。

#34 テスト最強メソッド

 f:id:saruteacher:20180302043430j:image

昨日のテスト時間に関するツイートが反響を呼んだので、ブログでもう少し詳しく書きます。

 

 

テスト→採点→返却→直しの高速化

 45分でコレをやり切ります。

 

1.テスト

全員同時にスタート。

テストが出来て見直しをした子から持ってこさせます。

 

ちなみに、見直しをしたというサインに、問題番号に鉛筆で丸をつけさせることをしています。

 

これが意外と効果が大きいんです。

 

2.採点

 一人目の子が提出したら、採点スタート!

丸は基本的にはつけません。

この方法を併用することで火力がアップします。

 

早く終わった子は、どんどん読書をしてもらいます。早く終わって満点取るような子にとっては、むしろこの時間の方が学びの質は高いはずです。

 

採点したらすぐに点数を記録。

その際、満点の子は表にチョンッと『・』だけつけます。

『100』を書く時間も積もり積もればバカになりません。

3.返却

最後の1人の採点が終わったら返却に移ります。

ただし、どうしても解説がいる問題があれば、少しだけします。記憶が新しいので、解説のアウトプットも非常に高くなります。

 

4.直し

なかなか自力で全て直すことが出来ない子も、やっぱりいますよね。

満点で直しがない子には、そういった子のフォローに回ってもらいます。

算数の場合、「答えをそのまま教えるのはやめてね」というルールをはじめに作っておくのが大切です。

 

教え手に回ってくれた子どもには最大限の感謝を伝えます!

「本当にありがとう!助かりました!」

 

まとめ

 テストをして、すぐに直すことで学びのアウトプットは最大化されます。

 

また、その場で全て終わらせることにより、教師の時間的余裕も生まれます。

 

まさしくwin-win

 

子どものいる時間に全てを終わらせると、成績処理の時間を放課後にとれます。

 

すると、成績処理のシーズンでも定時退勤が可能に。

 

いや、もっともっと生産性を上げれば…