生産性を上げて5時に帰る。

民間→小学校教員 毎日5時に職員室をさる。その実現のための『生産性の高い教師の働き方』を中心に呟きます。最小の労力で最大の成果を生み出す。目指すは ビジネスと教育の融合。

#76 ティール組織を学校に

ティール組織 今、話題のティール組織。 ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現 作者: フレデリック・ラルー,嘉村賢州,鈴木立哉 出版社/メーカー: 英治出版 発売日: 2018/01/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 元…

#75 シュドゥント仕事してませんか?

仕事の4階層 仕事には以下の4階層があると考えます。 マスト仕事=しなければならない仕事 やることがマストとされている仕事です。 子どもを大きく成長させるマスト仕事もあれば、マストなのに全く成長につながらないネジレ仕事もあるので、エネルギーの…

#74 ブラック授業、してませんか?

牛丼業界のトレードオフの明暗 2013年、すき家の牛すき鍋定食という商品が、ある問題を引き起こしました。 全国でこんな状態の店が続出。 そして… 人手不足から閉店する店が続出。 そのプロセスは以下の通りです。 では、なぜすき家はこのような状況に陥って…

#73 30年後の未来から今を見る

から衣 裾に取りつき 泣く子らを 置きてそ来ぬや 母なしにして 万葉集より 歴史の教科書で取り上げられるこの有名な歌は、防人歌と呼ばれ、当時の人々の苦しい暮らしを表したものです。 奈良時代の人々のくらしはとても苦しいもので、租庸調といった現物での…

#72 生産性思考向上ケーススタディ

title 今回は、生産性思考を高めるためのケーススタディ方式です。 あなたがなりきるのは… 任用2年目 手崎 喜代子(24) 小さい頃から手先が器用で、図工の成績はいつもAでした。 仕事が出来ると同僚からの評価も高い。 しかし、帰るのはいつも遅く、休日…

#71 丸付けの生産性を極限まで上げる

今回の記事では、今まで言語化していなかった部分も含め、とことん丸つけにフォーカスしてみました。 ポテトフライを作るな 地域差があるかもしれませんが、僕の勤務地ではワーク等で間違った箇所に付箋を貼る方法がスタンダードです。 そして、その付箋の箇…

#70 しるし書店で読書の生産性を上げる

夏休みになって、「読書頑張ってます!」ってのよく見かけます。 でも、読んでるだけじゃもったいない。 さあ、本をチューニングしましょう。 ❶しるし書店とは? キンコン西野亮廣氏がプロデュースする誰でも店主になれる書店です。 詳しくはググってみて下…

#69 信用が仕事を消す〜野菜の無人販売〜

先週、こんなツイートをしました。 ☑︎野菜の無人販売これは『信用』を前提とすることにより、ありとあらゆる無駄がそぎ落とされた生産性の高いシステム。信用して、少しのリスクテークをすれば仕事を減らすことが出来る。不信を前提とするとから、無駄な仕事…

#68 人を動かす4つのフレーム

人を動かすのって、難しいですよね。 実は、情報の受け手に響く言葉にはタネがあるのです。 アメリカの超有名なビジネスマンであるセスゴーディン氏の「出し抜く力」という本で、人を動かす4つのフレームが明らかにされています。 ①権威フレーム 〜〜による…

#67 しのごの言わずに読んどくべき本

夏休みに入り、読書の話題が増えてきていますね。 生産性思考を高めることが出来る本を紹介します。 ❶エッセンシャル思考 これはかなり多くの方から「読んだで!」という声を頂きました。って、書いたの僕じゃないですけど。漫画版もあるみたいですね。お忙…

#66 そうだ、生産性を上げよう

最近ちょっと方向性が変わっていたので、一旦生産性の話に戻します。 1学期は準備期間が短いまま突入することも有り、苦しくなりがちです。 この夏休みを使って、自分の周囲の環境をデザインし直し、生産性を上げていきませんか? 仕組みを変えれば、効率化…

そうだ、発信しよう

発信するメリット ❶自分自身の成長 Twitter、ブログ、フォレスタネット、サロン。 さまざまな発信チャンネルを使って発信を始めると、確実に自分自身の成長へと繋がります。 これは僕自身が一番感じています。 何となく学校へ行き、何となく授業をし、何とな…

watcha!って何だろう?

あちこちで追い風と逆風を吹かしまくっている教育イベントの問題児「watcha!」 これはあくまでも、僕が考える在り方です。 ①ゲリラ的に開催されるフェス →watcha!は団体ではありません。 ②いつどこで誰がやってもいいオープンソース →開催するのに許可は要り…

#65 ネジレ仕事

暑い。 京都って、ホント死ぬほど暑いんです。 盆地だから、風通しが悪い悪い。 ちなみに、冬はメッチャ寒いんです。 盆地だから、重たくなった冷たい空気が盆地の底に溜まる。底冷えってやつです。 京都盆地、気候の生産性低過ぎです。 ネジれ仕事って、な…

#64 タイタニック度を見極める

処女航海で流氷に衝突し沈没するという悲劇に見舞われたタイタニック号。 そんなタイタニックになぞらえた指標。 それがタイタニック度です。 その仕事は本当に『成果』という目的地へと辿り着くことの出来る船なのか。 それとも『成果』という目的地へ辿り…

#63 イシューマトリクスの4象限

生産性? 『働き方改革』という言葉をよく耳にします。 しかし、この言葉に疑問を抱いています。 なぜなら、それは『教師の勤務時間を減らそう』という、一方的なものだからです。 そうではなく、『教師の勤務時間を減らしつつ、子どもの正の変化を増やして…

#62 教員の再魅力化

かつて、教員とはとても魅力的な仕事でした。 そんな教員の仕事を、再び魅力あるものへ。 生産性を上げるアプローチの意義の再確認 なぜ、これほどまでに生産性を上げることを訴えてきたのか。 それは、マズローの5段階説の初歩的な段階に留まらないためで…

#61 教採面接の秘訣

❶言葉を短く 面接官に聞き返される位がベストです。長ければ長いほど、そして流暢であれば流暢であるほど、その言葉は胡散臭くなります。 ❷言葉をシンプルに 専門用語を多用すると、耳障りが悪くなります。 まだサッカーをしたことない人が 「ディフェンスラ…

#34 テスト最強メソッド1.2

教員の再魅力化。 watcha東京へ向けて発信を強化中です。 その柱となるのが、労働環境の改善です。 そのためのアプローチが生産性向上。 効果的なメソッドが、コレです。 テストの45分。その時間のテストを、その時間のうちに採点する。返して、直しまでさせ…

#60 会議の生産性を高める

会議って、そもそも高いコストがかかっているんです。 教師の人数×会議時間=投下されたリソース もちろん、私たちの給料は税金で賄われてます。 さらに、勤務校外で開催される会議の場合、それに交通費や、場合によっては会場費が上乗せされます。 会議が長…

#59 タイムマネジメント

時間は希少資源です。 それらを適切にマネジメントしてあげることは、非常に大切。 何となく職場へ行き 何となく仕事をこなし 何となく帰る この何となくサイクルから脱却し、真剣に時間と向き合い、そして手懐けらるように出来ると、人生がちょっぴり素敵な…

#58 教材研究の生産性を上げる

今日の子どもは多動化しています。 ここでいう多動化とは発達障害的な視点のことではなく、時代性に伴う多動化です。 水曜7時にテレビの前へ行き、チャンネルをフジテレビに合わせドラゴンボールを30分見るという、極めて受け身的な情報受信のスタイルが…

#57 ネガティブ感情との付き合い方

明日から6月です。 クラス替え、新担任という魔法が切れ始め、苦しくなってくることも多い時期です。 この仕事はネガティブ感情とどう付き合うか、そのスキルが相当に求められます。 のび太が宿題をやってこない、居眠りをしている、テストで0点を取る。 …

#56 教育の生産性サロンOpen

未だに教育の世界において、効率を求めるなんてケシカランという風潮は有ります。 特に現場において、個人で思っていてもそれを発信することには勇気がいる場合が多いことと思います。 仮に発信したとしても「でも今までやって来たから…」と、却下されガック…

#55 最適解

結論を初めに書きます。 勤務時間を減らしつつ、成果を上げるためには・・・ できもしない完全解を求めることをやめ、できる最適解を求めるようにすべきです。 ゴールデンウィークも終わり、そろそろ仕事も落ち着いてきた頃でしょうか。 Twitterを見ていると…

#54 イシューからはじめよ

今回は、働き方の本質に斬りかかる記事です。向こう傷を恐れずに。 イシューとは『答えを出す価値のある問い』です。 仕事において、ある目的を達成するために取り組むべきイシューは、複数あります。 イシューA イシューB イシューC その選択を間違えた状態…

#53 ネセシティドリブン

皆さんの耳にタコが出来るほど、僕が口にする生産性というキーワード。 業務効率化と生産性向上の違い。業務効率化は教師がラクすることというニュアンスで捉えられがちです。一方、生産性向上は子どもと教師がwin-winな状態をもたらします。だからこそ、現…

#52 生産性を上げて5時に帰るを書く

総集編を書いてみました。 生産性を上げて5時に帰る秘訣。❶面白い授業❷子どものとのコミュニケーション❸授業中に丸つけも含めて完結❹整理整頓❺思考がクリアな朝に仕事❻思考が疲れた放課後に作業❼ちゃんと休憩する❽乾きもの仕事と、生もの仕事の区別❾十分な…

#51 数字が仕事を面白くする

突然ですが。 仕事、楽しいですか? 僕は、まあボチボチです。 仕事に、やりがいを感じていますか? これも、まあボチボチです。 何が仕事を楽しくさせるのか? 何が仕事にやりがいをもたらすのか? それは、数字なのかもしれません。 毎月、月次というもの…

#50 仕事サーキット

4月の勤務が終わりました。 言葉は悪いですが、クッソ忙しい一ヶ月だったと思います。 皆さま、本当にお疲れ様でした。 このブログは『生産性を上げて5時に帰る』 という、少々世間をナメたタイトルなのですが…正直、今月は全然5時に帰れていません。 で…